業務と無線

無線機

今の世の中、無線機の使用はどんどん社会に進出し、現在では、業務上での必須アイテムともなっています。

ビジネスとのつながり

無線機の最大の特徴は「線が無い」、つまり情報(または音声)を伝えるために伝送路としてケーブルなどを必要としないことにあります。ビジネスでは、基本的にオフィスにいて業務を行う人と、基本的に外に出て業務を行う人がいます。オフィスで事務を行う人の場合は、有線通信でも移動しないので問題はないのですが、外に出て営業や取引先との契約を結ぶなどのように、会社外に出ていることが多い場合は無線機が必要です。

一般的な無線機と言えば、携帯電話になると思いますが、どちらにせよ有線通信だと伝送路が届く所までという必要があります。距離が長くなれば長くなるほど、伝送路による費用が増えますし、沖縄から北海道までともなれば、伝送路を必要とする有線通信よりも、携帯電話のほうがよっぽど安価で済みます。しかし、有線通信の方が音質などは高いので、現在でも、オフィス内では有線通信の方が多いと思います。

しかし、「よく動き回る」という仕事をしている場合には、無線機が必要となるので業務で必要とする場合も増えてきました。そのため、業務用無線機と呼ばれる無線機も増えてきています。業務用無線の場合に問われることは、聞きやすさや使いやすさ、または業務の邪魔とならない大きさなど、いろんな事が必要とはなりますが、最も大事なのは確実に電波が届くことになります。

安心出来るパソコンショップ
安心の国内生産で、ウイルス対策も万全のパソコンなので、安心してお使い頂けます。

業務用無線

現在、ビジネスで使われるトランシーバーなどの中には、この業務用無線と言われるものを使っている場合も多くなっているようです。今では、いろんなメーカーでも販売されていて、大体は、10,000円出せれば中々のものが変えるはずです。ただし、ケンウッド製品は良質な物が多いのか、高めになっているようですが、それでも人気も高いようです。この辺はユーザーの判断になるでしょう。

インターネットでのショッピングでも、日本で使える物が多いようですが、オークションでは外国製の物もいくつかあり、日本では使用できないタイプも多いので気をつけましょう。信頼できる店で購入するのが一番と言えます。

業務用無線の特徴として、悪天候や荒天などの悪い条件の中でも使用できるように、ちり、ほこりの入らないようにした防塵タイプ、雨などに濡れても平気なようにされた防水、落とした時にも安心な耐衝撃などいろいろなタイプがありますが、どちらにしても、壊れにくいという事を重点とした造りになっていることが多いようです。特に消防士などのトランシーバーは、火にさらされることもありますので、その分丈夫でないと困るという場合もあるはずです。

電波の場合は、条件によっては、届く距離が増減しますので、大抵のショッピングで使用可能距離と言うのは、最高の条件化でといった場合が多いので、ほとんどの場合、その7割〜8割の場合が多いと見たほうがよさそうです。場合によっては半分になることが予想されます。そのため、購入の際での使用可能距離については、少し広めにとっておくことをオススメします。

pickup

ビジューネックレスでおしゃれにお出かけ
http://www.charmerstop.com/
美しい絵画の販売
http://art-asuka.com
ゴルフするなら神奈川で
http://www.odawarajocc.com
楽器の買取
http://www.mitsuno.co.jp/
人気のゴルフアイアンセット
http://www.atomicgolf.jp/fs/b005/c/golfclub_mens_ironset